今、この時を苦しみ悲しんでいる人々の痛みを分かち合いたい。

今、この世界中で、苦しみ悲しんでる人々は数えきれない程居る。

plan_1 plan_2

その人達も今現在、この時を同じく生きている。

私達はこの安全な国、日本に生まれ何をし生きて行くのか。
日本人として生まれた事自体、とても恵まれている事を知るべきだと思う。

私達は、自分の人生にどんな夢を見るのも自由だ。
明日ご飯食べれなくて、もしかしたら死んでるかもなんて考える事なんて無い。

家族が居て、友達が居て、恋人が居る。誰かが手を差し伸べてくれる。

そう、自由だからこそ少し考えてみて欲しい。

 

もし、、、もし、、、

アナタはアフリカに生まれ、物心ついた頃に両親に、お金になるからと、身売りされ、毎日ボロボロになる迄、その家で仕事をさせられ男、女かまわず小さい頃からその家の主人の性欲処理をし、外にも売春に行かされる。

また毎日の物乞いの成果を上げる為といい、片腕を切り落とされ、片目をエグり取られる。その姿で、毎日道ばたに這いつくばり物乞いをする。

何の希望も、自由も無い毎日。

haiti

想像出来るだろうか?そんなテレビの中みたいな現実が。
でも今同じこの時に起こっている、悲しい現実のほんの一部。

何でも出来る。自分自身の行動を選べる。そんな私達が目を背けてはいけない。

自由だからこそ、知るべきなんだ。

知ってどう行動するかは、一人一人の心が決める。


こんな遠い国の事、どうしたらいいか解らない。
自分には関係ない。
そう言ってしまうのは簡単。

大切なのは、同じ人間として心を痛める事が出来るかどうか。
もし、自分の子供だったら見過ごせますか?

AKEEMはいつもこう思います。

全ては出来なくとも、何かは出来る。

今の自分に出来る事から少しずつ。

今はまだ力の無いAKEEMは、アフリカの男の子とベトナムの学校に支援する事しか出来ませんが
もっともっと自分の好きな事を頑張って、絶対に大きな力を手に入れ支援したいと思います。

アンジェリーナ・ジョリー

知ってしまったからには、見過ごす訳にはいきませんよね。

もちろん、東日本大震災の被災者の応援も同じ様に考えていきましょう。

PLAY for JAPAN

HOPE for WORLD

 

JAMNUTSは、”PLAN JAPAN”と”WORLD VISION”のチャイルドスポンサーシップです。

PlanJapanバナー_1 WorldVison_Logo

WorldVison_image

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています