本日は、終戦記念日。

今に生きる日本人だからこそ。
こんな日こそ戦争や政治について少し時間をおいて考えてみませんか?

下に書く、考えはあくまでAKEEMの戦争に対する考え方。
個人それぞれの考えがあっていいんです。違う考えや意見があって当然。

そんな、熱い想いや意見を持ったやつらと、
酒を飲みかわしながら、熱い話を語り合いたいです。

その反対に、何も考えないのは、無関心。

マザーテレサは、
愛の反対言葉は、無関心だと言います。

◆マザーテレサ Wiki

そこに、苦しんだり悩んだりしてる人がいるのに無関心。
もう、無関心や人任せは、やめましょう。
皆で話し合い考えれば、いい意見が生まれます。
皆の気持ち、考えが将来の日本を形成して行きます。

そう、たった68年前に愛する人達の幸せや、この日本の明るい未来を信じて
特攻して行った若い魂や想いに答えるため、今を生きる日本人として考えよう。

     

 

以下はAKEEMの個人的政治見解です。

今、現在阿部内閣は躍起になって憲法9条の改正に向かって走る事を宣言しています。
日米同盟のプレッシャーに耐えられず、日本が国防軍を持つ為に。

もし北朝鮮がアメリカに向けてミサイル発射したら、
日本がそのミサイルを迎撃システムで撃ち落とせる様にする為に、、、
日本の近海で北朝鮮vsアメリカの戦争が始まったら、日米安保の元にアメリカと共に戦う為に、、

憲法9条は日本の誇りです。
それを改正し、いざとなれば集団的防衛権を行使する。。
見解の違い。見解の違い。見解の違い。何が見解の違い??
うやむやにして、国民の賛同を乞うのはやめてくれ。
かっこわるい。

国としての軸を忘れたらあかん。

簡単に考えて、そもそもなぜ北朝鮮が日本じゃなくアメリカにミサイルを?
そのミサイルを日本が撃ち落とした後は、日本がアメリカvs北朝鮮の最前線国になるよね。
そうなると日本も集団的防衛権行使するやろ。
アメリカと日本vs北朝鮮。どんどん進むし、誰もとめられないよね。

日本はアメリカ国のプレッシャーに耐えられない状況になっているのは間違いない。
その他、沢山の経済的利権や、貿易協定、原爆協定、、、、色々ある。ありすぎる。

けど、日本が沢山の尊い命を失い経験し、沢山の国民の涙や想いを形にした
「日本国憲法」9条を忘れたらあかんし、変えたらあかん。
俺は、そんな日本国民の姿を、絶対忘れたくないし、想いを報いたい。
だから、毎年靖国神社にも参拝しに行っている。

靖国神社

戦後日本を守り続けたのは、憲法9条。
そんな事言ってたら、頭がお花畑やなと一蹴されるだろう。
だって、実際的には、制定された理由は、天皇制の保持とする説もある。
日本を今日迄、守っているのも、自衛隊、日米安保条約、在日米軍のおかげだろう。
国際政治の現実は、空想的平和主義が通用するような甘い世界ではない。

解っている。そんなことは。

けど俺は、
全世界が、この憲法9条を制定し戦争という考え自体無くならないかなと願ってます。
国同士、意見の相違があるなら、俺たちみたいに酒片手に真っ正面から話し合いする。
BOB Marleyがそうした様に、音楽で争いをやめる事が出来る。
ガンジーが教えてくれた、非暴力での勝利。
そんな夢の様な、お花畑な世の中になって欲しいと願う。

BOB MARLEY

ガンジー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日本人として、今一度願う。

俺は、死んでも戦争反対を訴え続ける。

日本国憲法第9条

条文

1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています